世界のベンチャーに対して見せた、日本製造業の可能性 —HWTrekのAsia Innovation Tour 世界のサプライチェーンレポート—

*Fabcross高須正和氏の記事を転載しました。
前回(量産サポート)、前々回(プロトタイピング環境)と深センのサプライチェーンを紹介したが、HWTrekのツアーはその後京都/大阪と続いた。日本にも海外から発注を受ける製造業者が、さまざまなスケールで存在する。HWTrekは京都/大阪について、「深センとは違うクオリティの製造業がある」と紹介した。世界のスタートアップが日本で見た製造業のクオリティを紹介する。

世界一のデバイスとスタートアップが出会う:村田製作所

スタートアップたちのテンションが上がったのは、村田製作所を訪れた際、展示されていたこの積層コンデンサを見たときだ。グラスに10万個の積層コンデンサが入っている。一番左のものは肉眼ではグラスの底にわずかに粉が溜まっているようにしか見えない。このグラスの中に数百万個を入れることも可能だろう。

それぞれのグラスに10万個の積層コンデンサが入っている。一番左のものは1個が0.4×0.2×0.2mmサイズ。


村田製作所はほかにも、世界最小や最も電力消費が少ないセンサなどのコンポーネントを開発している。今回プレゼンされたデバイスには開発途中のものも多くあったが、村田製作所の担当者も「なるべく早くDigiKey等のオンライン通販で扱えるようにしたい」と語っていた。そもそも今回の訪問も、Maker Movementによって駆け出しのスタートアップからも面白いプロダクトが出てきつつある状況を鑑み、村田製作所全体のオープンイノベーションへの取り組みの一環として位置づけられている。

村田製作所のエンジニアを囲んで意見交換が続く。
村田製作所のエンジニアを囲んで意見交換が続く。

プロトタイプから製品化まで:HILLTOP

HILLTOPは切削加工を中心にしたプロトタイプ製作の会社だ。最新の切削加工機械を備えたハイクオリティの工場を備えるが、さらに強みにしているのは提案力である。

CADデータの例を前に説明するHILLTOPエンジニア。多くのエンジニアが海外との業務経験がある。


2次元の設計図でもらったデータから3DのCADデータをHILLTOP側で作る、または持ち込まれたデータを元に修正する提案力について、HILLTOPは「専用のソフトウェアと過去のナレッジデータベースを基に、どのエンジニアでも短期間で満足のいく提案が出せるようにする」ことを目指している。もちろんそのソフトを使えば誰でもできるわけではなく、数年単位の経験は必要だ。ただ、このシステムを使うことで、数分の1の短期間で成長できるようになるという。システムを作って全体で品質を担保するというのは、深センで見られているものより一歩進んだ考え方だ。実際のNC加工機による切削に入る前にコンピュータ上でもシミュレーションを行うことで、無駄な切削を省くことができる。こうしたよりきめ細かなコンサルティングがHILLTOPのひとつの特徴のようだ。


工場には最新鋭のCNCが並んでいる。マシンはすべてコーポレートカラーのピンクに塗られ、床にはちりひとつ無い。中国の工場も整理/整頓/掃除/しつけの4Sを励行しているが、この清潔感は日本の外で見つけるのは難しいものだ。


HILLTOPではこれまで紹介した「シミュレーションから切削」だけでなく、最終的にプロダクトとして完成するところまでの一連のコンサルティングを行っていて、いくつか製品も開発している。写真撮影はできなかったが、完成品として実際に販売している高精度の産業用機械が社内でデモされていた。そうした開発のために社内にFoo’s LabというMakerスペースを備え、Arduinoなどを使ったプロトタイプから最終的な製品に近い段階までの、広い範囲のプロトタイプが製作できる。

Foo’s Labと呼称するMakerスペース


筆者が訪れたときFoo’s Labでは、モノを運ぶ台車をロボット化して、ライントレースの機能をつけたものが動いていた。台車の開発チームは欧米人の従業員であり、HILLTOPは深センで見た製造業や今回のツアーで訪ねてきたスタートアップと同様のグローバルなチームになっていて、当然のように世界中を仕事場にしている。

ツアーで訪問した会社のうちの一つ、レジン造形のクロスエフェクトにも、そのグローバルなチーム作りは共通していた。クロスエフェクトも、他の会社では難しいレジン造形のクオリティを求められる医療分野などを中心に世界の顧客を相手にしていて、クライアントと一緒になってプロダクトを開発したりしている。写真撮影が禁止だったため詳細なレポートは行えないが、高いクオリティと、そのクオリティが可能にするプロダクトを世界に対して発信することで、世界を相手に製造業を行っていくことは可能だと感じた。

京都試作ネット、MAKERS BOOT CAMPの取り組み

ここで紹介したHILLTOPほか訪問した多くの企業は、京都試作ネットのメンバーでもある。京都試作ネットは、京都近郊に多く存在する試作会社をリスティングし、「営業時間内の問い合わせは2時間以内に返信する」を旗印に、製作会社をネットワーク化している。サイトに公開している実績によると年間1000件以上の問い合わせを受け付け、うち50%以上は近畿地方以外からで、1%ほどは海外からの問い合わせもあるようだ。英語版のサイトも備え、京都試作ネットを知ったきっかけの47%は検索からだという。 製造業そのものは歴史のあるビジネスだが、新しい顧客とのタッチポイントの部分や商談の立ち上げの部分でインターネットをうまく使い、ネットワークの力を上げるのは21世紀に必要なことだ。前回までに紹介した深センの強さも「多くの会社が集まっていてすべてがそろう」というエコシステムのもたらすものだった。京都試作ネットの取り組みも、企業がまとまったことでHWTrekという別のネットワークとつながりやすくなっているし、効果が上がっているといえるだろう。

京都試作ネットの英語サイト。クロスエフェクトの心臓モデリングが掲載されている。


また、MAKERS BOOT CAMPとして、HWTrekのように製造業をアクセラレーションする試みも行っている。HAXShenzhen Valley Venturesが投資、HWTrekが製造業からお金をもらってスタートアップを支援しているのと違い、MAKERS BOOT CAMPはスタートアップ自身がコンサルティングフィーを支払う形で、門前払いされることが少なそうだし、どのような段階からも相談をすることができる。ベテランの製造業と充分なネットワークが作れず、HAXのような専門のインキュベータに持ち込む前の段階で試行錯誤しているスタートアップにとってはありがたいキャンプだろう。
Makersとして急に始まった新しい形の製品開発と従来の経験ある製造業を繋げて進化させる仕組みは、日本からも始まっている。

日本の製造業は世界のエコシステムに組み込まれることができるか?


今回紹介した村田製作所やHILLTOP、クロスエフェクトといった企業たちは、前回までに紹介した深センの製造業と同じく、世界のMakerのエコシステムに組み込まれている。 深センではさまざまな工場で、欧米の大学出身者や、しょっちゅう欧米人と仕事をしているスタッフが説明に出てきた。彼らはスタートアップ社長からの問い合わせに、大まかでも即答し、そうでなくてもメールアドレスを交換してフォローアップしていた。説明時も、「どういうことをするといくらかかる」に対して具体的な金額が出ていた。全体のプロセスについて英語で作成された資料があり、同様のものはWebにも掲載されている。「どういう相談を誰にすればいいか」はかなり明確にわかるようになっている上で、「何でも相談してください」という形になっていた。 HILLTOPやクロスエフェクトは多国籍のメンバーでチームが構成されているが、チーム全体が日本人で、かつ日本でしか仕事してない人だけでは海外とのコミュニケーションの部分は難しいし、あいまいな相談をしたいスタートアップと仕事をするのは厳しそうだと感じた。日本企業も、「何でも相談してください」という点は変わらないが、企業によってはやりとりした際のレスポンスの具体的さ加減(特に金額)がだいぶ異なっていた。訪問した中には英語版の資料やWebサイトがない企業もあり、そうなると訪問で得た内容を社内でシェアすることも難しい。そもそも日本国内のスタートアップともまだ仕事をしていなくて、小ロットのビジネスを手探りで始めた段階の企業も多かったので、HWTrekのネットワークが、国内ではまだ立ち上げ期ということもあるのだろう。 一方で、中国が今から手がけようとしている海外やコストの場所への工場移転については、1980年代から続けてきた日本は一定のクオリティがある。訪問したとあるEMS企業は、製造をアジアに移転する際にクオリティを担保するために、社内に現地での製造ラインの元となるマザーセルを用意している。インドネシアの工場で同じオペレーションを行う際のひな形をそこで作り、かつインドネシア従業員のトレーニングも行う。そうしたやりかたそのものは生産管理の本を読めば書いてあるが、「実際にやってみる」のは言語化しづらい多くのノウハウが必要になる。生産の中心地が移動したとき、多くの中国企業は日本企業が積んできた経験を新しく積まなければならない。 HWTrekは世界からスタートアップや、スタートアップをサポートしたいspecialistや製造業者の情報を集めている。興味を持った人はぜひ。

京都オフィス

〒600-8846 京都市下京区朱雀宝蔵町34番地 梅小路MArKEt 3F

ニューヨークオフィス

2910 Thomson Ave, C760, Long Island City, NY 11101