「MBC試作ファンド」IoTデバイスで 日用品通販 を便利にするベンチャーへ投資

Makers Boot Camp(運営:株式会社Darma Tech Labs、本社:京都市下京区、代表取締役:牧野成将、以下「MBC」)は「MBC Shisaku 1号投資事業有限責任組合」(以下「本ファンド」)の出資先として、日用品・食品通販の価格比較サイトを運営する株式会社スマートショッピング(本社:東京都品川区、代表取締役:志賀隆之/林英俊、以下「スマートショッピング」)に決定したことと投資額は約3,000万円であることをお知らせいたします。これまで本ファンドではベンチャー5社(海外3社/国内2社)に出資をしてまいりましたが、今後IoTデバイスで消費財の買い物を便利にするスマートショッピングの試作支援と投資を通して、日本のモノづくりを新たな技術ステージに引き上げる役割を担ってまいります。


【価格比較サイトについて】

耐久消費財向け価格比較サイトが、オンライン上では乱立しています。それに対し、60兆円近くの市場規模があるにも関わらず通販比率の低い消費財向けの価格比較サイトへの参入はそれほど多くありません。その中で、スマートショッピングは、日用品・消費財向け価格比較サイトを一般ユーザー向けに開発・運営をおこなっています。Lohaco、Amazon等大手通販サイトの送料込みの価格比較だけでなく、消費者の購入履歴からの残量予測や買い物の手間を減らす購買代行など、消費者のニーズに寄り添ったスマートなショッピング体験を提供しています。


【京都試作ネットとの開発について】

スマートショッピングは商品の残量管理・自動発注に対応できる IoTデバイス「スマートマット」の試作品を一般社団法人京都試作ネット(以下「京都試作ネット」)のネットワークを使い、MBCと共に開発をおこないました。この試作品をもって市場調査を行い、現在は本ファンドから受けた投資で量産化を準備中です。今後も量産化のパートナー工場の選定等MBCがコンサルテーションをおこない、開発をサポートしていきます。このスマートマットの開発により、スマートショッピングはBtoCだけでなくオフィス・小売店・飲食店に向けたBtoBのビジネス展開も確立する予定です。


【スマートショッピングとMakers Boot CampのTV出演予定】

「スマートマット」が京都試作ネットそしてMBCと共に開発をおこなった様子、東京での展示会出展の様子が、テレビ東京のニュースにて取り上げられる予定です。ぜひご覧ください。

番組名:テレビ東京「NEWS モーニングサテライト」特集

放送予定日:平成30年2月21日(水)午前 5時45分~7時05分

MBCは今年度中に20億円の資金調達を達成し、金融機関や各分野の事業会社との連携を強化し、「京都をモノづくり・IoTスタートアップの都」にすることを目指します。

京都オフィス

〒600-8846 京都市下京区朱雀宝蔵町34番地 梅小路MArKEt 3F

ニューヨークオフィス

2910 Thomson Ave, C760, Long Island City, NY 11101